オスグッドでやってはいけないケア 3選!

オスグッドを自宅で治したい!

そう思ってケアをがんばってるけどなかなか治らない。
というご相談をうけることがよくあります。

ケアをするにあたって大切なことは、正しい努力をすること。
もし、悪化するようなケアをがんばってやっていたら、どんどん慢性化が進んでしまいます。

ここでは、みんながやっていて、なおかつ悪化の可能性のあるケア方法をとりあげました。
よく読んでいただいて、お役にたてていただければ幸いです。

オスグッドを慢性化させてしまうケア

その1 大腿四頭筋のストレッチ

オスグッドといえば、このストレッチをやってる方が多いのではないでしょうか。
接骨院などでは、おすすめのストレッチとして紹介されることが多いです。

しかし、体の仕組みを考えれば、オスグッド病は、大腿四頭筋の緊張によって膝の下の腱が引っ張られることによって起こる痛みです。

そう考えると、このストレッチを行うことで、より大腿四頭筋が引っ張られることになります。
特に、このストレッチを強くやりすぎると、筋肉の中にある筋紡錘というセンサーが働いてより筋肉が固くなってしまいますので、注意が必要です。

その2 サポーター

サポーターをされてる方もおおいと思います。
サポーターの問題点は、オスグッド病の痛い部分に接触してしまうこと。

オスグッド病といっても、痛む部分は、人によって個人差があります。
特につけたまま運動すると、痛い部分にサポーターの突起部があたり、痛みが強くなることがあります。

つけてみて、痛みがでるようなら我慢せずに外しましょう。

その3 アイシング

痛みがあると冷やすと楽になります。
でも、これはあくまでRICE処置といって、打撲など急性期の痛みをやわらげるための処置です。

慢性痛のオスグッド病の場合は、冷やしても一時的に痛みが麻痺するだけで、治るわけではありません。

痛みが減ったことで、運動をはじめるとその結果として症状が悪化してしまいます。
アイシングを繰り返しながら運動するのはやめましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
一般的によいと思われているオスグッド病のケア方法は、実は悪化のリスクも非常にたかいものです。

リスクのあるケアをがんばってやっていると、慢性化してしまい、いつまでたっても良くならないということになりかねません。

ご相談窓口