スポーツでの膝のロッキングYさんの膝痛のケース

膝のロッキングで、運動ができない

京都のY.Oさん。17才。
部活をしているときに、突然ひざがロッキング、曲げ伸ばしができなくなる。
病院では、半月板損傷と診断される。

病院で注射などもおこなったが、改善せず、ご紹介で来院されました。

主な症状

・ひざの曲げ伸ばしができない
・歩行時の痛み
・ふくらはぎの痛み

施術と痛みの原因

もともと冷え性だったNさん。
東洋医学でいう腎が体質的に弱い傾向があります。
それでも、運動をすれば、春でも夏でも、冷たいものをよく飲み、
湯船にもつかることなくシャワーで済ましていた生活環境が一番の要因のようでした。

経絡でいう膀胱経という太ももの裏のラインが強く緊張し、
その緊張がとれない状態のため、ストレッチをしても、矯正をしても解消しないようでした。

2回の施術で、痛みとロッキングはほぼなくなり、
生活習慣を変えて、

・毎日の入浴
・冷たいものを極力とらない

この2つを徹底していただくことで、フルに運動しても大丈夫な状態になりました。

画像診断では、半月板損傷という診断でも、痛みの原因となるのは、
ほとんどは生活習慣によるもの。

それが、何かの動きや衝撃をきっかけにして表面化したものが症状の場合が大半です。

施術のご感想をいただきました

・ご来院頂く前は、どのような症状でお悩みでしたか?

右膝の半月板損傷が原因で、ロッキングしてしまいました。
歩くことすらしんどく、部活をしていたので、運動ができず精神的にも辛かったです。

・施術をうけてから、体や心はどう変化されましたか?

何ヶ月も悩まされていた膝の痛みはなくなり(2回治療)
全力で運動できるようになりました。
今まで運動制限が多かった分、とても辛かったのですが、
運動制限なく運動できるのでとてもしあわせです。