施術者プロフィール

 

 1975年大阪生まれ。

大阪のマッサージ店勤務をきっかけに、毎日新鮮な発見のある喜びと本当によろこんでいただいたときの充実感に魅せら
本格的に学び始める。

痛い部分に力を加えるほぐしやストレッチのような施術をおこなうことで、逆に症状が慢性化し、どんどん通う回数が増えていくことをまのあたりにしたことで、本当に治せる方法はないかと日本中の様々な勉強会に参加し、知識や技術を徹底して学ぶ。

しかし、根本的な哲学のないツギハギの技術では、難病や難治性の関節痛は治せないと感じ、易経を根本とする東洋医学を学び始める。

そして、それまで学んだ技術をすべて捨てて、あたらしく、自分で一から本当に治せる技術を紡いでいくことを決心。

数年かけて、全く力を使わず、患部にも触れずに改善させる技法を創り上げる。現在、全国から長年の関節の痛みでお悩みの方が来院。
深淵な東洋医学の哲学と磨き抜いた技術で、日々、クライアントさんの痛みや辛さと戦う日々。

当院の理念

痛みは、病(やまい)そのものではなく自分自身の体を守るための信号です。

安易な患部へのほぐしなどで、痛みをごまかすことは、かえって危険な行為です。

痛みの本来の原因である五臓六腑のバランスを整え、気血の流れが本来の状態にもどると、自然と体が痛みを必要としない状態になります。それが治るということ。

少しでもはやく、あなた本来の体を取り戻していただくために二人三脚で歩んでいければと思います。

貫き続けたいこと

この10年ほどで、整体やマッサージが増えました。
インターネットの発達とともに、簡単に身につけられるインスタントな技術があふれかえるようになりました。

数ヶ月で身につけてすぐに開業。
即効性があるけど、すぐにもとにもどってしまう手技。
治すことより、通ってもらうことが目的になった治療院。

治療院は増えても、本当に病と戦える治療家は昔より少なくなったのかもしれません。
本来、磨き上げた技術と知恵で、クライアントさんの病と戦うのがこの仕事の本質。

私は、生ある限り技術を磨き続け、どんな症状であろうとも良くなっていただけるようにように挑み続けます。

 

わたしの家族

稲村真耶

私の奥さん。自宅に併設した工房で毎日、器を作り続ける。子育てをしながら、器をつくり、畑を耕し、草花をめでるちょっと変わった人物。

instagram

稲村ハル

■2015年うまれ
食べること。
それが彼女のすべて。

 

稲村なち

■白犬なっちゃん。
山育ちで、野性味が強い。
我が家の精神的支柱。
趣味は、穴をほること。