バレエダンサーの半月板損傷



バレエと半月板損傷


半月板損傷の施術をしていると、
非常に多くのバレエダンサーが来られるようになりました。


トウシューズを履いた状態で、
膝が伸びなければいけないバレリーナにとって、
膝のロッキングや、伸びない膝、プリエができないなどは、
非常に深刻な状態だと言えます。


しかし、
ほとんどの方は、アイシングや、ストレッチ、筋トレなど、
間違った方法でケアしているために、一向に回復しないケースが非常に多くあります。


一般のスポーツをしている方と、バレエダンサーの体では、
体の疲労の蓄積や痛め方にかなりの違いがあります。

バレリーナはなぜ膝を痛めるのか



バレエをしている方は、
外面からみると、非常に姿勢の美しい方が多いです。
しかし、実際には、この美しい姿勢に痛みの原因が隠されています。


今まで、数多くバレリーナを診てきましたが、
ほとんどの方は、本質的に”よい姿勢”の方はおられませんでした。


潜在的には、猫背の方が多いのですが、
バレエをする中、無理に本来の姿勢を修正して”見た目の良い姿勢”をキープしています。
つまり、
胸を張って、腰をそらせたような状態になっておられます。


バレエ障害は、この無理な姿勢の補正からくるといっても過言ではありません。


バレエ障害における、膝の問題は、
膝そのものに問題があるというよりは、
全身の不調和が比較的負担のかかる関節に現れているだけだと考えています。


そのため、
膝だけでなく、腰、足首なども痛めやすいんですね。
本質的な、バレエ障害の治療は、
部分の治療というより、全身の調整が必要になってきます。


当院では、
バレエという特殊な動きや、姿勢の補正の仕方などからくる、
関節のアラインメントの崩れを取り除き、
慢性的なバレエ障害を取り除いていきます。


バレエと半月板損傷