半月板損傷を少しでも早く治すために。



半月板損傷は手術しなくても改善します


事故やスポーツで強い外力を受けた場合は、
半月板とともに靭帯を損傷しているケースもありますが、
日常生活内でおこったものの大半は、
半月板ではなく、
周囲の筋肉が過緊張をおこすことによって生じる
筋痛であることが大半をしめています。


半月板損傷でお悩みの方も、
手術後に痛みが取れない方も、
このページを読んでケアに役立てていただければと思います。



 4つのやってはいけないこと。



半月板損傷の痛みが発生した状態でやってはいけないケアを4つあげています。
しかし、実際はこの4つは一番行われているケアの方法でもあります。
このように間違った方法でケアすることによって
二次的な痛みが発生します。


(靭帯の損傷の場合はケア方法が全く違いますので、まずは自己判断せず、医師の診断をうけるのが先決です)

半月板損傷のストレッチ



その① アイシング



半月板損傷といわれる痛みの根本的な原因は、
自律神経が起こす筋肉の緊張だと考えています。
自律神経は体の中に温度差(冷え)があることを極端に嫌う傾向があります。
患部を過度に冷やすことで、
自律神経がより患部の緊張を強め結果的に治りづらく、
慢性化しやすくなります。


患部は、特に冷やさず、
痛みがあってもしっかり入浴して全身を温めるようにしてください。


半月板損傷は手術しなくても改善します!

その② 運動や筋トレ



半月板損傷が治りづらい最大の理由は、
筋肉が弱っているから痛むという誤解です。


筋肉が弱ることで痛みがでるということはありえません。
患部が痛い状態で運動をすることによって、
患部の筋肉がより強く緊張し痛みは強くなり、慢性化します。


痛みがあるときは初期の段階で、運動を休止し、
体をよく温めておけば悪化はかなりの割合で防ぐことができます。




その③ マッサージ



半月板損傷は、
半月板そのものの問題であると考えられているため、
手術以外には、本質的な治療法が確立されていません。
そのために、
大腿部四頭筋をマッサージする手法がおこなわれることが多いです。


患部に近いところを刺激することで、
自律神経を逆なでし、患部の緊張はより強くなり、
徐々に痛みが強くなります。


(一時的に血行がよくなって患部の痛みが軽減することがありますが、時間がたつとより緊張が強くなり痛みも強くなります)
患部または、患部に近い部分に極力ふれない
ことが回復の近道になります。



その④ ストレッチ



マッサージと同様、大腿部四頭筋をストレッチすることでも患部を刺激して慢性化しやすくなることがあります。
ストレッチをする場合、ハムストリングや、
腰など、膝には直接かかわらない筋肉をのばすことによって、
間接的に膝をゆるめる方法をとるのが最適です。


半月板損傷は手術なしで改善します

 膝が痛み始めた時は



上記のように
一般的に行われている膝関節痛の対策のほとんどは、
逆に悪化、慢性化させる原因になることが非常に多いと感じています。


膝が痛む場合は、医師の診断を受けたうえで、
冷やさずに全身を入浴などで温めて、
無理せずに、休養することが必要です。

入浴時間をながくして温め、
患部が痛むことをせずに過ごせば、
たいていの症状は本来の自然治癒力によって
短期間でおさまっています。


上記のように措置しても、
痛みが続くようであれば、
半月板損傷にくわしい専門院にてご相談ください。



半月板損傷は手術しなくても改善します