脱・冷え生活のススメ


冷えと関節痛


あまり知られていませんが、
冷えと関節痛には、非常に密接な関係があります。
冷えがあると、自律神経が筋肉や内臓を緊張させます。

半月板損傷


この状態がつづくと、筋肉が絶えず張っている状態になります。
冷えが軽度であれば少し温めてあげるだけで
この緊張はよくなりますが、ひどくなるとなかなか解消できません。


このような冷えによる緊張にプラスして、
肉体的、精神的なストレスが蓄積すると、
一番弱いところに緊張が集中して痛みとなります。
これが基本的な慢性の関節痛の発生のメカニズムです。


身体の筋肉の緊張は、整体で改善可能ですが、
冷えは普段から温める以外には根本的な解消方法はありません。

このページでは、簡単に取り組める、
冷え対策をお伝えできればと思います。




意外な隠れ冷え症


日本人の9割は冷えているといわれています。

もともと人間の体は心臓の近くでは37度ぐらいの体温がありますが、
下半身はそれから7度ぐらいは低いといわれています。
このような温度差を冷えと言います。


太っている方や、男性のかた、
成長期の子供さんなど、冷えを感じにくい人がいます。

一般的に冷えと無縁のようにおもわれるこういう人の中にも、
隠れ冷え症が多く潜んでいます。


冷え症にはいくつものパターンがあり、
汗っかきで暑がる人、末端が冷える人、
下半身が冷えて顔はのぼせてしまう人、
体の表層が暑いのに深層が冷えている人などがあります。


特に、暑がりの冷え症タイプは本人も、
まわりも気づかず、冷たいものなどを飲んだり食べたりしがちで、
悪化させる傾向が強く、
慢性の関節痛でも治りづらい方はこのタイプがおおいと感じています。




冷えと入浴



半月板損傷、手術

一番手っ取り早く、冷えをとりたいときは入浴にかぎります。
上半身と下半身の温度差をとることが
冷え取りの入浴法なので、半身浴が足湯がお勧めです。

忙しいからといってシャワーでは、
筋肉の疲れがとれませんし、
自律神経を交感神経という戦うためのモードから、
休むためのモードへの切り替えもうまくいかなくなってきます。



*おすすめは半身浴

38度から40度ぐらいのお湯に、
20分から一時間程度ゆっくりつかります。
はじめは、半身浴だと肩が冷えてきますが、
慣れると半身浴だけで全身がポカポカしてきます。

忙しい現代人が毎日ゆっくりした入浴時間を
とることは難しいかもしれませんが、
少し体調をくずしそうかな?


そう感じた時、関節痛がなかなかひかないときなど、
調子が悪いときだけでも半身浴(寒いときは全身浴でも可)
でゆっくり体をあたためてください。

冷えと膝の痛み



冷える食べ物、あったまる食べ物。


中国の医学では食べ物にも陰と陽があると考えられています。
陰のものは体を冷やす効果があり、
陽のものは温める効果があります。

基本的には寒い国で食べられている食材は体を温めるもの。暑い国で食べる物は、体を冷やすものと考えてもいいと思います。


意外に思われますが、
カレーのような香辛料の効いているものも体を冷やす作用があります。

半月板損傷と冷え

基本的には、旬のものを食べていれば問題ないのですが、
今は何が旬なのかわからないぐらい
季節にかかわらず野菜がでまわっています。

  • 温めるもの


    人参、レンコン、ショウガ、ごぼうなどの根菜類
    海藻、豆類、あとは発酵食品。



  • 冷やすもの


    甘いもの(果物、ケーキなど)
    ジュース、牛乳など。

生野菜(きゅうり、レタスなど)
化学調味料など





食べ物については神経質になりすぎる必要はありませんが、
なるべく、冷えが気になる人は、
ほどほどに体を温める食物をとっていけばよいかと思います。




重ね履きのすすめ



半身浴をすることで冷えは改善に向かいますが、
できれば長い時間、
上半身と下半身の温度差をなくしてあげるとより早く冷えが改善されます。


そこで、ズボン下や、靴下を重ね履きします。
重ね履きすることで、下半身と上半身の温度差をなくします。
そうすることで比較的早く冷え状態から脱却できます。